読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GRAND TRAIN

メトロ内でこんな広告を発見。10月16日までexpositionを行うようなので、早速行ってみました。入場無料というのも惹かれた理由なのは言うまでもない。f:id:norimononado:20160612185940j:plain地下鉄のMarcadet-Poissoniers駅(4号線&12号線)からほど近いところにありました。

f:id:norimononado:20160612185942j:plainSNCF(フランス国鉄)のdepot de la Chapelleが会場です。1845年にまでさかのぼるこの車庫ですが2014年に閉鎖となってしまい、将来的には住宅や学校、オフィスとなるようです。半年間のしかも無料のexpositionなので正直なところあまり期待はしていませんでした。

f:id:norimononado:20160612185947j:plain壁の落書き?にしてはよくできている。この車庫と同じ頃に終わりを迎えたZ6100がモチーフとなっています。

f:id:norimononado:20160612185956j:plainそして車庫内へ。

f:id:norimononado:20160612190107j:plainそして機関車達が!これには驚きました。無料とは思えない充実っぷり。

f:id:norimononado:20160612190000j:plainミュールーズからわざわざ持ってきた機関車群。左の赤いのはパリとトゥールーズを最高速度200㎞/hで結んでいた、SNCFを代表する特急Le Capitole号を牽引していたBB9200機関車。2004年まで活躍していました。隣の緑色のはスイスとドイツに乗り入れできる仕様のBB20200機関車。こちらは2006年まで活躍していました。f:id:norimononado:20160612190015j:plain建物が幾つかあり、そこにはレストランやバーがあります。

f:id:norimononado:20160612190327j:plain車庫内でいっぱいやれるという素晴らしいひと時を過ごせます。

f:id:norimononado:20160612190018j:plainこの椅子はZ6100から取り外したものですね。当時の備品をそのまま使っているにも関わらず、居心地いい雰囲気に仕上がっているのはさすがフランス。

f:id:norimononado:20160612190124j:plain更にこちらにも展示が!機関車やディーゼルカーの展示がありました。

f:id:norimononado:20160612190023j:plain入場無料とは思えない充実っぷりです。水曜日~日曜日の11時~23時30分の間に利用することができます。夕涼みに機関車眺めながら酒を飲み、往時に思いを馳せるというひと時が過ごせると思います。