読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新型EUROSTAR

1994年よりパリ~ロンドン間を海底トンネルを経由して結んでいるユーロスター、開業当初は所要時間2時間55分でしたが、その後英国内の線路改良などを経て今では最速2時間15分と、驚きの速さで運行しています。開業から20年以上経過し、新型車両が運行を始めました。それまでの仏アルストム社から独シーメンス社への変更です。ドイツ通らないのに、シーメンスを走らせるという仏にとっては少し面白くない事態となっています。ロンドンからアムステルダムやケルンへの延伸を見越したのかなぁ。

北駅での新型。やはりきれいですね。f:id:norimononado:20160531002223j:plain車内(二等車)の様子。基本的には集団見合い式なのですが、4人向かい合わせの席が増えました。清潔でよいのですが、シートの背もたれが高い!頭の位置が全く合わなかったですね。

f:id:norimononado:20160531002226j:plainBarは少しうす暗く、冷たい感じでした(従業員は感じ良かったです)。ここらへんのデザインは仏企業の方が良かったんじゃないかなぁ。

f:id:norimononado:20160531002230j:plain旧型と変わり、動力分散式でしたが静かで快適でした。この新型(e320またはclass374)は先述の通り、独シーメンス社のVelaroを元ネタとしています。旧型に比べ座席は150席増、最高速度は20km/h増の320km/hとなっています。

ロンドン・セント・パンクラス駅にて。なんとなく魚っぽいですね。

f:id:norimononado:20160531002235j:plain元ネタのVelaro。東駅で見られます。

f:id:norimononado:20160531002241j:plain連結器を見せたところ。ますます魚っぽくなりました。鯉かな?

f:id:norimononado:20160531002245j:plainちなみに従来型のユーロスターの一部は更新工事をうけてカラーリングが新型と合わせられています。が、車内の様子は従来のモノと全く変わりません。デッキと客室の間のドアが閉まらなかったりしてました。。。

f:id:norimononado:20160531002249j:plain