読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

再びドイツへ。ドイツ博物館交通センター館

ドイツといえば科学技術!自動車!鉄道!飛行機!という訳で殿堂であるドイツ博物館を見逃すことはできません。とはいえ限られた日程ですので、今回は飛行機を諦め自動車と鉄道があるドイツ博物館の分館のみにしました。

Deutsches Museum: Visitor information

地下鉄のschwanthalerhohe駅(どう発音するか想像もつかない。ドイツでは駅名を覚える時、全部覚えようとするのは不可能です。最初と最後の三文字くらいにして、間違ったらしょうがない。くらいの気持ちでいいと思います。)で下車し、日曜日で人気のいない街を適当に彷徨い、かたつむりに到達しました。

f:id:norimononado:20160509162526j:plainかたつむりに向かって右に、あのマーラーの交響曲第8番「千人の交響曲」初演の地でもある建物が目に飛び込みます。もうこの時点で脳内には大音量で千人の交響曲の冒頭の、「Veni,creator spiritus!」(来たれ、創造主たる聖霊よ!)が流れ始めました。

f:id:norimononado:20160509162539j:plain館内には初演時の様子が書かれたパネルがあり、当時の様子をわずかながらも伝えてくれます。

f:id:norimononado:20160509162559j:plain1910年9月12日と13日に作曲したマーラー自身の指揮で初演されました。マーラーはこの8か月後世を去ったと思うと何やら感慨深いものがあります。

f:id:norimononado:20160509162549j:plainさぁ、いよいよです。もう一度脳内で千人の交響曲が冒頭から再生されました。

f:id:norimononado:20160509162622j:plain