読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポルトガル旅行記 その1

ポルトガルに行ってきました。今回は初のLCCを利用し、まずはパリから第二の都市、ポルトへ。

パリには幾つか空港がありますが、今回はオルリーより旅立ちます。航空会社はvueling。当然ネットで予約したのですが、カード支払いの際にも手数料を取る(vueling絡みのカードは無料ですが、日本人で持っている人はあまりいないでしょう)というLCCの洗礼を受けました。出発時もwebチェックインを済ませたのですが、bagagedrop専用のカウンターがなく、あまり意味がなかった。

f:id:norimononado:20140804183119j:plain

食事は当然有料。安くもなくかといってぼったくりほどでもないという、微妙なところを突いてきます。ちなみに機内アナウンスは英・仏・西で肝心のポルトガル語はありませんでした。

f:id:norimononado:20140804183123j:plain

飛行機に乗る際に液体物を持ち込めなかったので、仕方なくコーラを購入。

f:id:norimononado:20140804183124j:plain

そしてポルトに到着。きれいな空港です。ちなみにフランスと時差があるので時計を調整。イギリスと同じ時間帯となります。

f:id:norimononado:20140804183127j:plain

早速市内まで移動。メトロに乗るのだ。

f:id:norimononado:20140804183130j:plain

メトロ登場。どちらかと言うとトラムのような感じで、地下区間より地上の方が多い。ホームとの段差もなく非常に乗りやすい形。

f:id:norimononado:20140804183134j:plain

validationを忘れずに。

f:id:norimononado:20140804183138j:plain非常にきれいな車内。しかも冷房が効いている!RATPも見習ってほしいものです。

f:id:norimononado:20140804183141j:plain

Bolhao駅で下車し、宿へ。おっとひっそりと社会党があった。ちなみに写真右下のカフェは有名なmajestic cafe。このカフェだけ物価がパリ並みでした。

f:id:norimononado:20140804183011j:plain

ホテルに荷物を置き、早速市内へ。かつての栄光を偲ばせる豪華な建物。

f:id:norimononado:20140804183016j:plain

坂が多いポルトの街並み。

f:id:norimononado:20140804183026j:plain

ドウロ川クルーズに乗船。10€ですからおススメですよ。業者は船着き場にいますので、予約なくても問題ないです。所要時間は50~60分程度、ドウロ川にかかる6つの橋を巡る遊覧船です。

斜面にへばりつくような家々。

f:id:norimononado:20140804183034j:plain

天候に恵まれました。

f:id:norimononado:20140804183043j:plain

ドン・ルイス1世橋をゆくメトロ。

f:id:norimononado:20140804183053j:plain

船着き場の近くのキリスト像とおぼしきモノ。もうちょっとなんというか、写実的にならなかったモノでしょうか。

f:id:norimononado:20140804183104j:plain

構内のアズレージョで有名な、san bento駅。主に近距離用となっている様子。長距離は少し離れたカンパニャン駅を使用。

f:id:norimononado:20140804183108j:plain

近郊型。思ったより新しいですね、年代モノの電気機関車+客車ってのを期待していたのですが。。

f:id:norimononado:20140804183144j:plain

ついに市電登場。ポルトの市電は本数も少なく、料金も割高。乗り放題のチケットも別料金であり、あまり市民の足というわけではないようで、むしろ観光用という位置付けかもしれません。しかしながら車体もノーマルな状態なので好感が持てます。

f:id:norimononado:20140804183114j:plain

しかもこのような急こう配を登り下りするという高性能っぷり。

f:id:norimononado:20140804183118j:plain