読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ベルリン旅行記 その4

次なる目的地は、東西の境界、チェックポイントチャーリー。スパイ小説や映画に何回も登場した所なので、期待して行ってみましたが、まぁ、壁崩壊から四半世紀ともなると単なる観光名所ですよね、かつて命懸けで突破した人もいたはずなのですが。ちょっと残念。

f:id:norimononado:20140502211433j:plain

マクドナルドとか見えちゃうし。

f:id:norimononado:20140502211437j:plain

その後は市内を散策、まるで日本にいるのかと錯覚するような店構えの、日本食レストラン。

f:id:norimononado:20140502211728j:plain

そして今夜は、コンサートへ。こちらはポツダム広場。

f:id:norimononado:20140502211641j:plain

そしてコンサート会場、ベルリンフィルハーモニーホール。そうです、ベルリンフィルを聴くのです。と言いたいところですが、バーデン・バーデンに出稼ぎ中なので、ベルリン放送交響楽団を聴きました。

ポツダム広場から歩いていくと、こちらの入口に付きます。おそらくかつては裏口だったのかなと思われます。

f:id:norimononado:20140502211657j:plain

正面はこちら。

f:id:norimononado:20140502211648j:plain

フィルハーモニーホールは大きなホールだと聞いていましたが、安い席にも関わらず舞台が見やすく、音もよく聞こえたと思います。お客さんも紳士淑女的な人が多く雰囲気のあるホールでした。ちなみにメインはR・シュトラウスの「英雄の生涯」でした。ホルンいいですねぇ~