読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZARAGOZA その5

数多くの芸術家を産んだ国、スペイン。サラゴサの街頭にもいろいろなものがありました。いわゆるストリートアートだと思います。その是非はともかくとして観光客の目を楽しませてくれます。 落書きというには手が込んでますし、大きいものもあります。街歩き…

ZARAGOZA その4

人口70万人弱のサラゴサが2008年に万博を行いました。104か国が参加し560万人以上にのぼる人が訪れたという大規模なイベントでした。あれから7年・・・当時、駐車場だったのかはわかりませんが、車は余裕で止められました。もちろん無料。公園といえば聞こえ…

ZARAGOZA その3

デリシアス駅に歩道橋があったので、渡ってみました。2008年に行われた万博会場の方へ行けるようですね。アルハフェリア宮殿に行くつもりでしたので、エブロ川は渡らずに適当に歩いてみました。何のためにあるのかわからないスペースに建てられたモダンな建…

ZARAGOZA その2

旅先に駅があるならば、必ず見たい私は早速ZARAGOZA DELICIAS(サラゴサ・デリシアス)駅に向かってみました。歴史ありそうな欧州の駅を想像していたのですが、実際は2003年に建てられたモダンなスタイルの駅でした。adifというのはスペインの鉄道インフラの…

ZARAGOZA その1

久しぶりの都会、ZARAGOZAに到着。車を地下駐車場に入れホテルにチェックイン。車があると移動は便利なのですが、都市部に来ると道が狭くわかりにくいので少し面倒。郊外のホテルも検討したのですが、今回は中心部にしました。近年の欧州の都市部では歩行者…

SAMPER DE CALANDA

MORELLAを後にして、ZARAGOZA方面に車を走らせる。道中、ちょっと寄り道をしたくなり、適当に雰囲気のありそうなところに車を進めてみた。 着いたのはSAMNPER DE CALANDAというところ。小さな町であまり人気がない。。。この教会が目立ったので来てみたのだ…

MORELLA

そこそこ高い位置に車を止められたので一安心。駐車場代はかかりませんでした。車を下り坂を下らないようにしながら、砦へ向かいました。思ったより地味な入口だな、素通りしてしまったぞ。 入場料3.5€払って入場。この銅像は、ドン・ラモン・カブレラ・イ・…

MORELLAへ

海沿いのPEÑÍSCOLAを楽しんだ後は、山へ。地中海とはサヨウナラです。しばらく海を見られない・・・と思いつつZARAGOZAに繋がる道を行きます。 だんだんカーブも多くなり険しくなってきました。今回ハイブリッド車でしたが、市街地でのろのろじゃないとEVマ…

PEÑÍSCOLA

マジンガーZを堪能した後は、再び地中海方面に車を向け、ペニスコラという海辺の街にやってきました。海岸沿いにホテルやレストランが立ち並ぶ、リゾート地のような雰囲気です。ここにしばらく滞在し、海に行ったり下の写真でもうっすら見えるペニスコラ城に…

TARRAGONA郊外にて

タラゴナ観光の後は、今回の秘かな目的のひとつを見るため北上します。途中、VALLSなんて街があり、現フランス首相と何か関係があるのかなどと思いつつ車を走らせました。 小さくて見落としそうな標識を辛うじて見つけ、左折します。 小さな町のようですが、…

TARRAGONA

外れに泊まったため、タラゴナ中心部は翌朝に観光。ホテルを出て地下駐車場に車を入れて徒歩で周ってみました。スペインはフランスに比べると時差があるというか、全体的に遅いというか。。。カフェなんかも朝はゆっくりペースです。 地中海沿岸の重要な港で…

TARRAGONA

MONTSERRATを後にし、どこかで昼食をとりたいなと思いつつ車を走らせていましたが、ここだ!というところもなく、本日の目的地TARRAGONA(タラゴナ)まではもたないと判断し、結局バルセロナ市街に入ってしまいました。地下駐車場に車をいれて少しだけ散策。…

MONTSERRAT

わずか一泊の滞在であったGIRONAを後にして、BARCELONA近郊のMONTSERRATに向かいます。GIRONAから150km程度、ドライブにはちょうどいい。 山道をどんどん登って到着。10時頃でしたので、駐車場にはまだ余裕がありました。車を置いて徒歩で少しだけ上がります…

GIRONA 

マルセイユから移動し、スペインへ。バルセロナの手前にあるGirona(ジローナ)にて一泊。車は宿の裏にあった公園の側に路駐。余談ですが、今回借りた車はなぜかアップグレードされトヨタオーリス。しかもハイブリッドでさらにステーションワゴンという大盤…

マルセイユの後

ぶらぶらと歩いたマルセイユ、今回の旅行はマルセイユだけではありません。マルセイユで車を借りだし、地中海沿いに移動。この町まで来ました。ここはスペインとの国境のLe Perthusです。 高速道路を使いそのまま国境を越えようと思いましたが、あえて一般道…

マルセイユ街歩き

一般的にフランスの港町なんて言うとこのような写真が多いかなと思います。マルセイユの街はvieux portあたりはきれいなのですが、少し入ると猥雑な感じがあり、むしろ面白いのではないかと思います。 芸術通りとでも訳しましょうか。しかしながら芸術性は垣…

マルセイユ街歩き Unité d'habitation. Le Corbusier

建築物も好きな私、専門的な知識などなく、ただ外観のみ見るだけというにわかっぷりですが、マルセイユにLe Corbusierが設計した建物があるとのことで早速やってきました。 行き方は簡単です。21もしくは22番のバスに乗って、その名もズバリLe Corbusierで下…

マルセイユ街歩き Notre-Dame-de-la-Garde

VIEUX PORTからも見える、マルセイユのシンボル的な存在の大聖堂に向かってみます。明らかに坂を登らなければならなそうなので、まずはバス探し。VIEUX PORTからは60番のバスで行けます。中型のバスなので座りたい場合は、HOTEL DE VILLEあたりから乗ること…

マルセイユ街歩き VIEUX PORT

好天に恵まれました。早速宿を出て、一番有名な地区、VIEUX PORTへ向かいました。多くのヨットが並んでいます。治安が悪いなどと言われていますが、このあたりでは感じませんでした。 この巨大な屋根は近年作られた模様で、その際に付近一帯がきれい整備され…

マルセイユの地下鉄・トラム

OUIGOにて到着後、早速乗ったのが地下鉄。マルセイユには1977年開業の1号線、1984年開業の2号線が営業中。今回の旅では2号線に乗車。まず駅がきれい。あまり明るくなかった駅構内なのではっきり写っていませんが、1976年の試運転時から使用しているMPM76が来…

OUIGOでマルセイユへ

ちょっと前にOUIGOというのに乗ってマルセイユに行きました。このOUIGOというのはフランス国鉄(SNCF)がLCCなどに対抗すべく投入したもので、TGVのいわばLCCという位置付です。とにかく安いのがウリでマルセイユまでなんと10€!。3時間12分の行程です。安い…

オラドゥール ORADOUR SUR GLANE

陶器で有名なフランスのリモージュの北西約25kmほどのところに、ORADOUR SUR GLANE という小さな村があります。第二次世界大戦末期にナチスドイツによって全滅させられ、その当時のままの姿で残っていることで有名です。まさに負の遺産です。 1944年6月10日…

PEUGEOT 304

1969年デビューのPEUGEOT304。先述の204に1968年登場の504の顔を移植したかのような外観。堂々とした見てくれですが、エンジンは1,300cc。トランク容量が不足という指摘を受けていた204にくらべ全長が100㎜長くなっております。少し強面になった印象ですが、…

PEUGEOT 204

戦後、RENAULT、CITROEN、SIMCAに続く第4位のメーカーであったPEUGEOTが1965年4月23日に送り出した204、11年の長きにわたり160万台超を生産しました。全長3,990㎜全幅1,560㎜全高1,400㎜のサイズでPEUGEOT初の前輪駆動車でした。また1969年~71年にかけてフ…

PEUGEOT 203

戦後のプジョーが生んだ小型乗用車、203。1948年~1960年の間に685,828台生産されました。ボディサイズは全長4,350㎜全幅1,620㎜全高1560㎜と堂々としたものですが、エンジンは1,290ccでした。 少しアメリカンな面構え。後ろ姿もアメリカンな雰囲気です。ス…

TRAMWAY 5号線

普段あまり北の方へは行かないのですが、天気がよかったので、TRAMWAY5号線を見てみることにしました。TRAMWAY5号線は2013年7月29日に、Marché de Saint-Denis~Garges Sarcelles間で開業しました。Saint-Denisといえばフランス歴代の王が眠る大聖堂があるこ…

BUS 295系統

Tramway6号線開業の陰でひっそりと、その役目を終えたバス路線295系統。Tramwayは地下鉄13号線のChatillon-Montrouge発なのですが、295は地下鉄4号線のPorte d'Olreans発でした。 295系統廃止のお知らせ。バス便が減ってしまうPorte d'Orleans~Chatillom-Mo…

TRAMWAY 6号線

いつの間にやら8号線まである、RATPのトラム。今回は2014年12月13日に暫定開業した6号線です。 こちらは工事中の始発:Chatillon-Montrouge駅。地下鉄13号線の終点でもあります。開業直前。いよいよ開業!みたいな横断幕ななかったですね。あっさりと開業し…

CITROEN MEHARI

いかにも夏にふさわしいこの一台。CITROEN MEHARI。 1968年から1987年までの20年に渡り約14万5千台生産されました。ミニ・モークのフランス版といったところでしょうか。 このヒトコブラクダから名をとったMEHARI、いかにも軽そうな車体です。ABS樹脂製でド…

MERCEDES BENZ ClasseG

1979年のデビューから35年が経過した今でも登場時のスタイルを守っている、MERCEDES Gクラス。近年はすっかり高級SUVと化していますが、当初は軍用車の民生版ということもありオーバーフェンダーや、ドアのところのステップもありませんでした。今ではなんだ…

MERCEDES BENZ CITAN

日本ではあまり馴染のないMERCEDES BENZの商用車。 今回は小型のCITANです。 どうですかこの小型の商用車とは思えない、押し出しのあるルックス。元ネタは日本でもお馴染みのRENAULT KANGOOです。OEM車によくありがちなエンブレムだけ変えてしまうという形を…

SNCF Z6400

パリのターミナル駅のひとつ、サン・ラザール駅の主役がこのZ6400。1976年より運用されているステンレス車体の電車です。側面を見ると波型が東急の車両を思い出させてくれ、親近感がわきます。主役と書いてしまいましたが、現在ではZ50000に押されつつあり、…

警察マニア?

とある民家の駐車場に、RENAULT12が止まっていましたが、車体側面に思いっきり「POLICE」とあります。1969年デビューの車を2015年の現在においても本当の警察が使用する訳もなく、回転灯もありません。現行のパトカーと色も違っています。なので、OKなのでし…

意外な車

街で見かけた意外な車。また日産車です。 20年以上前の1991年と92年に限定発売された、マーチベースのフィガロです。思えばBe-1の大ヒットを受けて発売された一連のシリーズの掉尾を飾るものだったと記憶しています。 デザインのおかげか古さを感じさせませ…

意外な車

先日、パリ郊外を歩いていると意外な車を見つけました。状態はあまりよくないもののよく生き残っていたなと思わざるを得ません。1980年代後半に登場した、シルビア/ガゼールの輸出版、200SXです。人気のあった3代目と5代目に挟まれ今となっては中々見ること…

ベルリン ドイツ技術博物館 自動車館その3

この近未来的なバイクはオートバイメーカーのZUNDAPP(1917~1984年)が製造した、WELTREKORDMACHINE。1965年の5月のとある3日間で数々の記録を打ち立てたものです。 このメーカー、戦前はドイツ軍にオートバイを供給していたせいか、検索すると軍用車両が多…

ベルリン ドイツ技術博物館 自動車館その2

ドイツといえばメルセデス・ベンツを無視するわけにはいきません。1961年デビューのW110です。最近のメルセデスのセダンはボンネットの上にスリー・ポインテッド・スターがないんですよね。やはりグリルの中ではなく、ボンネットの上ってのが一番似合うと思…

ベルリン ドイツ技術博物館 自動車館その1

昨年のベルリン訪問の際にもちろん訪れた、ドイツ技術博物館。流石の展示内容にお腹がいっぱいとなりました。航空機、鉄道、カメラ、自動車などドイツ技術が詰まった博物館でした。ベルリンを訪れる際は是非足を運んでみて下さい。 今回はその一部、自動車を…

MERCEDES BENZ 407D

フェラーリなどに代表される高級スポーツカーよりは高年式の車や低グレード車、商用車に目がいってしまう私です。今回は当地でコキ使われている商用車をご紹介したいと思います。 MERCEDS BENZ 407Dトラックです。407Dは1974~1986年の間生産されていたと思…

SNCF Z50000

2009年よりSNCFの近郊路線に投入されている、Z50000形。北駅でよく見かけましたが、最近ではサン・ラザール駅においてもよく見るようになり、旧型を淘汰する勢いを見せております。7両または8両で運用されており、トイレは装備されていません。扉は一扉/一両…

OPEL REKORD

先日ご紹介したクライスラーと同時期の車、1972年デビューのOPEL REKORD。サイズも似通っており、全長4,566㎜全幅1,711㎜全高1,405㎜(クライスラー全長4,530㎜全幅1,730㎜全高1,440㎜)となっています。ただこちらの方が2ドアやステーションワゴンもありバ…

CHRYSLER 2LITRES

1970年「パリのアメリカ人」というキャンペーンの下、デビューしたクライスラー180を発見。米国からの輸入ではなく、欧州で開発されたもの。生産にはあのSIMCA(SIMCAにとっては先日ご紹介したVEDETTEの後継にあたります)も関わっていました。 写真のものは…

FORD CAPRI MK2

当地においてはアメリカ車を見ることは少ないですが、フォードは例外です。戦前から欧州に生産拠点を持っていたこともあり、多くのフォードを見かけることができます。 こちらは、FORD CAPRI 成功した初代を引き継ぎ、1974年デビューのMK2です。ただ、残念な…

DACIA DUSTER

DACIA、ルーマニアのメーカーです。共産主義時代からルノーと縁があり、今ではルノーの下位ブランドとしてすっかり定着しております。 この車はDUSTER。頻繁に見かけます。デビューは2009年。サイズは全長4,315㎜全高1,690㎜全幅1,822㎜、車重1,2t程度。排気…

SIMCA VEDETTE CHAMBORD

先日、パリ郊外を歩いていたところ、こんな車に遭遇。アメ車かな?と思いすかさず接近。車体がそこまで大きくないので欧州車だと思いましたが、車名などがよくわからない。サイドにchambordとエンブレムがあったので、仏車ではないかと確信。※ちなみにchambo…

CITROEN TYPE H

独特の形状で印象に残る、シトロエンの商用バン。日本でも移動カフェ車などで見た事があったりしました。 戦後間もない1947年のデビュー(市場に出たのは翌年)から1981年12月14日までの長きに渡り473,289台も生産されましたが、商用だったということもあり…

Orly Bus

日本からフランスに行く場合、ほとんどの方がパリの北にあるシャルル・ド・ゴール空港を利用することになると思いますが、パリの南にはオルリー空港というのもあり、こちらからはスペインやアフリカ、カリブ海(キューバ航空もこちら)方面へと飛んでいます…

ESPACE AUTOMOBILE MATRA

この建物には地下もあります。 ポルシェに対抗すべく作られたBAGHEERA U8 シムカのエンジン2基を合体させたエンジンを使用したのですが、運悪くオイルショックとかちあって・・・ 失敗となってしまいました。 BAGHEERAとMURENAの貴重な並び。 MURENAの1.6Lエ…

ESPACE AUTOMOBILE MATRA

現在にも繋がるESPACEの他にも、色々なモデルがありました。こちらは1977年デビューのRANCHO。4WDのような外観ですが、4WDではありません。流行りのクロスオーバー車のはしりと言えなくもないかもしれません。このデザインのままプジョーあたりで復刻して…

ESPACE AUTOMOBILE MATRA

1972年~74年とルマン24時間レース3連覇を成し遂げたこともあるMATRA社。V12エンジン。他にも多くのレーシングカーの展示がありました。 70年代以降、MATRA社は厳しい状況に置かれます。MATRA社晩年の傑作とも言うべき、ESPACE。 元々は1978年Antoine Volani…